鑑賞記録:『パンク侍、斬られて候』

このところ気持ちが落ち込みがちで
青春ものやヒューマンドラマを見る気がしない。
そんな気分にぴったりの映画を見ることにした。

パンク侍、斬られて候』は
町田康の原作に宮藤官九郎の脚本。
普通の本格時代劇であるはずがない。
これは豪華な出演陣を使った
贅沢でめちゃくちゃな映画。
そんな期待を裏切らず、
本当にめちゃくちゃな映画だった。

特に配役は贅沢でしかもぴったり。
主演の綾野剛もそうだけど、脇を固める俳優も流石の演技。
全力でこのめちゃくちゃな世界を創造するのに貢献している。
その振り切りぶりに圧倒される。
全員クセがあり過ぎる。
誰も負けてない。
原作者の町田康が切られ役で出てきた時は
何やってるの町田康!と思ったけど遊び心ですね。

東出昌大演じる超堅物藩主が面白くて
あ、この映画にまともなキャラはいないんだと
駄目出しをしてくれる。

この世界にまともなんて求めちゃいけない。