別れの予感と心の準備

祖父の死を日々の生活に埋もれさせて、心の平穏を保っていた。
そんな中、母から聞いた祖母の近況は不穏なもので、じわじわと日常を侵食している。
祖母の心臓の動脈に石灰化がみられ、対策としては手術しかないが、高齢のため手術をすることはできないという。胸が苦しいと感じたらすぐに病院へと言われているらしいが、そんなものは気休めでしかない。
リスクが高まっているというだけで、別に今日明日死ぬと決まったわけではない。そう思う事で、気を鎮めることにしている。案外、大丈夫かもしれないと。
でも、いつ心臓が止まってもおかしくないという恐怖は確かにある。
人はいつか必ず死ぬ。そしてそれはある日突然やって来る。その事を祖父の死で思い知ったではないか。
死は避けられない。あと10年はなんて願ってはいるが、それは贅沢な望みなのかもしれない。
もう大切な人を失う辛さを味わいたくない。いっそ自分が先に死ねたらいいのにとさえ思う。
でも、仮に今自分が死んだら、祖母はショックを受けるだろう。それは避けたい。
自分にできることは、元気な姿を見せることくらいしかない。他に何ができるだろうか。
遠からず死別の時は訪れるだろう。たとえ願いが叶って10年後だったとしても。
実際にその時が訪れたら自分はどうなるかわからない。きっと何をしても悔やむだろう。