読書記録:アントニオ・タブッキ『供述によるとペレイラは・・・・・・』

イタリアの作家アントニオ・タブッキの作品。

1938年のポルトガルが舞台となっている。

1938年といえば、ナチス・ドイツオーストリアを併合した年で、

日本では国家総動員法が施行された年でもある。

リスボンのリシュボアという新聞の文芸面を担当しているペレイラは、

偶然手にした雑誌で、リスボン大学を優等で卒業したという

フランセスコ・モンティロ・ロッシなる人物の卒業論文の一部を目にする。

死について思索した文章にひかれたペレイラはモンティロ・ロッシに電話をかけ、

文芸面にコラムを書く契約社員を探していると話し彼と会うことにする。

このモンティロ・ロッシとの出会いがペレイラの運命を変えることになる。

 

「供述」という言葉からペレイラが立たされる状況は予測がつくのだが、

どのような経緯を辿り、どんな出来事の末に「供述」する立場となるのか、

怖いもの見たさに似たような感覚とともに引き込まれるように読んでしまった。

 

モンティロ・ロッシの卒論は今でいう「コピペ」で、

フォイエルバッハ等の書いたものを写しただけというし、

この若者に任せていいのかと疑問を抱きながらも、

ペレイラは試しに彼にある作家の追悼文を書かせることにする。

案の定モンティロ・ロッシの書いてきた追悼文は、

政治的で扇動的でとても載せられるような代物ではなかった。

ここで彼をくびにすることができたのに、

実際ペレイラはそのつもりでいたのに、

供述によるとペレイラは青年に手を差し伸べる。

何故かは「供述」の中では明らかにされていない。

そうして次々とモンティロ・ロッシが持ち込む面倒ごとに巻き込まれていく。

 

ペレイラは数年前に妻を肺病で亡くした、肥満体で心臓病と高血圧をわずらい、

肉体の復活だけは信じられないが普通のカトリック教徒だ。

(妻との間に子供はできなかった。)

彼の勤めるリシュボア紙は、国家警察が社会主義者の市民を虐殺した事件を

載せる勇気もない新聞社。

そんなペレイラが「供述」する立場になるに至るまでを是非読んでほしい。

 

供述によるとペレイラは… (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

供述によるとペレイラは… (白水Uブックス―海外小説の誘惑)