読書記録『げんきな日本論』

(以下、内容には踏み込んでいないので、詳しい内容を知りたい方、

精緻な分析を求めている方は他をあたって下さい)

 

橋爪大三郎大澤真幸の対談本。

この本は先ず帯を外すことからお勧めします。

「日本ってこんなにおもしろい!」は、百歩譲って好意的に考えて、

日本について思いを巡らしたこともない人へ向けて書いていると思えばまあ許せる。

でも裏の「なぜ日本人は、かくも独自の文化を生み出せたのか?」は無理。

なんとも今流行りの薄っぺらい日本礼賛本の類についていそうな言葉だ。

「はじめに」で橋爪は、日本人の日本に対する自己評価が二十一世紀になるとV字回復するのを

 

僕は、これは、むしろ極端に自信を喪失していることの裏返し表現と見ています。考えてみると、ほんとうに自信がある人は意外と謙虚です。逆に、自信が極端になくて不安なとき、人は過度に自信がありそうなそぶりをみせたり、からいばりしたりする。二十一世紀になってからの日本人は、まさにこれ。

 

と言っているのに、「こんなに」とか「かくも」とか着けてしまうセンスを疑う。

そんな根拠のない過度の自信から脱却するためにあるのが本書じゃないの?と。

以上、帯への悪口でした。

橋爪大三郎が提示した18の疑問を大澤真幸と考えていくという対談で、

その疑問に明確な答えが出されていくというわけではなく、

「なぜ?」をあぶりだしてくる感じでしょうか。

日本の歴史をテーマにしているので、日本史を専門とする人から見たら、

突っ込みどころもあるでしょうが、とりあえずぐっとこらえて読みましょう。

社会学者が二人して日本の歴史ってなんでこうなんだろうねと捏ね繰り回して、

こういう姿ができたんですけどどうでしょうという提起をする本だと思って。

そう思って読むと、これはこれで面白く読めます。

橋爪と大澤から見ると日本の歴史はこんなふうに見えるんだといったくらいに。

歴史学専門の人が一人加わって、最新の研究とかを補いながらの鼎談だったら・・・

と欲を言えばきりがないんだけど、この二人の対談というのが売りだろうし仕方ない。

あくまで社会学者が考える日本論なので、歴史学的に引っかかっても、

居酒屋でおじさんが楽しそうに語り合っているなあという優しい見守りの目で読み、

各論の検証を個々人で行って議論を深めていけばいいんじゃないかと。

書名は『げんきなふたりの日本論』の方があっているかもしれない。