死別の悲しみで心が壊れないように

心の整理の一環として思いついたまま書くことにした。

所謂"mourning work"

 

人には、心が壊れてしまわないようにしようとする防衛機能が備わっている。

だから、死別の悲しみも辛くはあるが乗り越えられるものだ。

ただ、自分は過去にうつ病になったこともあるので、

気を付けようと思っているだけの話。

 

病気で入院していたりして、ある程度は死期を予測できていたとしたら、

多分、家族としても心の準備ができていたんじゃないかと思う。

祖父の場合、男性の平均寿命は超えていたので、考えようによっては

よく言う「いつお迎えが来てもおかしくない」域には達していた。

でも、認知症にはなっていたけど、内臓はどこも悪くなく元気にしていたから、

希望も含めて、なんとなく百歳まで生きるんじゃないかななんて思っていた。

だからこそ、その死は突然のものに感じられてショックが大きかった。

 

祖父が亡くなった後、悲しみに浸る時間があればよかったのかもしれない。

だが、悲しんでいる間にも為さねばならないことは山ほどある。

葬儀社との打ち合わせ、親戚への連絡、等々しっかりと頭を働かせていないとできない。

田舎のことで、家族葬といっても理解してもらえず、対応にも追われた。

家族葬は祖父の以前からの意向だったけど、親戚の理解が不十分だったので)

自分の場合、ここで一度悲しみを切り離すスイッチが入ってしまったようだ。

悲しむ心が消えてしまったわけではない。

「悲しんでいる暇はない」「いつまでも悲しんでいてはいけない」と

早い段階で悲しみを抑えつけてしまったのだ。

葬儀の後も実家にいたなら、ほかの家族と悲しみを共にできただろう。

けれど、離れて暮らす自分は、葬儀を終えたとたんに日常に戻らなくてはならず、

悲しみの共有をすることができなかった。

(そういう意味で四十九日までの七日ごとの法要には意味がある)

 

自分がいかにショックを受け、いかに悲しいかを語り、

それを共感を持って受け入れてもらうことは大きい。

でも、それを家族以外の人間に望むのは難しい。

できれば、家族で集って語らうのがいい。

そうして一年くらいかけて受け入れていくのだ。

 

「いつまでも悲しんでいてはいけないよ」という言葉を予期して、

先回りするように悲しんでいない風にしようとしたのも悪かった。

それが今の躁状態に繋がったのだろう。

 

とにかく、気持ちを抑え込まないこと。

死を受け入れるまでに一年はかかると思うこと。

(現に、家族が亡くなったら一年は喪中というだろう)

 

自分の場合は、ブログに吐き出すことで心の整理としたい。