病は気からと思う今日この頃

先日、四十になる前に死ぬのがちょうどいいとかなんとか書いた。

その時点で既に良くなかったのだけれど、現在も体調不良が続いている。

馬鹿は風邪をひかないという言葉の見本のようだった自分が、

毎週末になると熱を出し風邪の諸症状に苦しみながら寝込んでいる。

今週はついに平日も微熱が続いて日常生活にも支障をきたした。

体調が悪かったから死にたいとかいう気持ちが表に出てきたのか

死にたいとか考えているから体調が悪くなったのか

卵が先か鶏が先かのような思考に嵌っている。

病は気からというし、やはり後者だろうか。

味覚も失って食欲もなくなった今、

ただただ横になりたいと思うだけだ。

横になって永遠の夜を迎えてもいいとどこかで思っているけど、

これは風邪で弱った心身が思わせていることかもしれない。