【読書記録】夏目漱石『三四郎』

『三四郎』を読み返したのは何回目だろうか。読むたびに三四郎をもどかしく思い、同時に愛おしく感じる。

自分も地方から上京したくちだからだろうか。上京したてで、ぼんやりしている三四郎の気持ちがわかる気がする。

三四郎は全く驚いた。要するに普通の田舎者が始めて都の真中に立って驚くと同じ程度に、又同じ性質に於て大いに驚いてしまった。今までの学問はこの驚きを予防する上に於て、売薬程の効能もなかった。三四郎の自信はこの驚きと共に四割方減却した。不愉快でたまらない。

自信を四割方減却してしまった三四郎。理科大学に野々宮さんのもとを訪れ、研究の様を見てまた驚く。野々宮さんのもとを辞して池の端にしゃがんでいたところ、美禰子に出会う。出会うというよりは、見かけるというのが正しいだろう。三四郎はただ見惚れ、茫然していた。この場面が印象的。美禰子が歩きながら嗅いでいた白い花を三四郎の前に落とした後もいい。

 

三四郎は女の落して行った花を拾った。そうして嗅いでみた。けれども別段の香もなかった。三四郎はこの花を池の中へ投げ込んだ。花は浮いている。

 

花を拾って、その香りを確かめようとするあたりがなんともいえない。

美禰子が通り過ぎた後、三四郎は「矛盾だ」とつぶやくが、何が矛盾なのかわからないでいる。目前の出来事に驚いてばかりで、理解に到達していない三四郎と、香りのしない花は似合っている。

ところで、香りが三四郎を動かす場面が後に登場する。

 

女は紙を懐へ入れた。その手を吾妻コートから出した時、白い手帛を持っていた。鼻の所へ宛てて三四郎を見ている。手帛を嗅ぐ様子でもある。やがて、その手を不意に延ばした。手帛が三四郎の顔の前に来た。鋭い香がぷんとする。

 

この香りの正体は「ヘリオトロープ」。三四郎がシャツを買いに入った唐物屋で、偶然美禰子と出会う。そこで香水の相談を受けた三四郎が、何も考えずすすめたものが「ヘリオトロープ」だ。美禰子はそれに決める。

池で出会った時に落とした花は何の香りもせず、三四郎はなんのことだかわからなかった。しかし、今度美禰子が差し出した手帛のヘリオトロープは違う。意図せずとはいえ自分がすすめた香水の香り。美禰子との時間が香りとともに思い起こされる。

と、クライマックスへとつながるのですが、そこは本文で楽しんで下さい。

 

三四郎 (新潮文庫)

三四郎 (新潮文庫)

 

 余談。安野光雅さんには申し訳ないけれど、新潮文庫漱石作品のカバーイラストの中で、『三四郎』のこの絵だけはいただけない。