映画を観に行く「シン・ゴジラ」

特撮・怪獣映画に関しては全くの無知で、

ゴジラシリーズを全く見たことがない人間が、

庵野秀明が総監督・脚本ということで観に行きました。

なので、これはゴジラじゃないとか、いやいや

これこそゴジラとかいう議論には全くついていけません。

単純にエンターテイメントとして成立していて

普通に楽しめる映画だったと思います。

途中、エヴァンゲリオンで使われた音楽が流れるので、

これってエヴァンゲリオンじゃない?となるけど、

まあ、庵野秀明が作っているんだからと乗ってしまいましょう。

世界は引用の織物で出来上がっているのだから。

庵野秀明は、こういうの作りたくてエヴァを作ったのかとか思うだけです。

『昭和史』を読んだ後だったので、主人公の「先の大戦では(以下略)」

というセリフが凄く腑に落ちて、そうそう現状の楽観はいかんよ、とか

考えながら人間ドラマの辺りは観ていました。会議に次ぐ会議がリアル。

戦車とか戦闘機、自衛隊好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。

新幹線とか山手線をはじめとする在来線が突進するシーンを見ると、

鉄道好きは胸が痛むだろうなということしか考えませんでした。

なんというか、特攻の為にゼロ戦作ったんじゃねえぞという技術者の声が

聞こえてきそうな気がしてきます。有人か無人かでちょっと違うけど。

ゴジラに関していえば、得体のしれない気持ち悪さ、恐ろしさが出ていた。

全体として、東日本大震災原発事故を想起しながら、危機下に人を守るには

どうするべきかみたいなことを考えさせられます。

色んな考察をする人が出てくるだろうけど、それはそれぞれで。

映画として楽しめればそれでいいんじゃないかと。

個人的な不満を言えば、石原さとみ演じるカヨコはいらないな・・・

という点くらいでしょうか。アニメだったら許容できるかもしれないけど、

実写でやると薄っぺらくなる難しい役どころだったとは思いますが。