読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画を見に行く「帰ってきたヒトラー Er ist wieder da」

暑いし暇だし映画でも見るか~という感じで見に行った。

原作の小説を読んでいないので映像化としてどうとかはよくわからない。

多少作りが粗いなと思うけれど、全体としては楽しめたので良しとする。

 

現代にタイムスリップしたヒトラーヒトラー自身と思う人は誰もいない。

よくできた物まね芸人として彼を見出すのがザヴァツキ。

テレビ局を解雇されたばかりのザヴァツキは、復帰をかけた格好のネタとして

ヒトラーを街へ連れ出し人々の反応をみる。

TwitterYouTubeでの反響を武器にした彼の売り込みは成功し、

局長はヒトラーを自局の番組に出すことを決める。

不謹慎さを感じさせながらも、ヒトラーは視聴者に受け入れられていく・・・。

 

視聴率のためにヒトラーを利用しようとするあたりは、

マスメディアとプロパガンダの問題を想起させるためか。

後半、ヒトラーはまさしくヒトラーと確信したザヴァツキと

ヒトラーが対峙する場面は見もの。

設定や展開自体は、ありふれた話と片づけることもできる。

ただ、現代ドイツが抱える問題を考えると、ありふれた話も

現実味を帯びて迎えられるのではないだろうか。