早足で前へ

雪も降ろうかという寒さの昨日とはうってかわって日差しも暖かな日曜日。

ウォーキングシューズを履いた足も軽快で自然と歩調も速くなる。

だらだらと歩いていても仕方ないので早足で前へと進む。

足に負荷がかかるのを感じながら歩く。

目的地へ着く頃には体も温まり呼吸も弾んでいた。

図書館までの道のりは30分程あるから、それなりに運動になる。

毎日というわけにはいかないけれど、たまにでも体のためにはなるだろう。

 

完訳クラシックグリム童話の続きを借りるのは決まっているが

とりあえず他にも面白い本がありはしないかと探してみる。

自分の興味関心と体調に合った分量の本となると限られてくる。

読書のペースも早足にしたいというのが切実な願いである。