カフェで読書

最近になってできるようになったこと。

もともとカフェでくつろげないタイプの人間で

ドリンクを飲み終えたら早々に席を立っていた。

お店側の回転率の問題とか考えたら長居できない。

だから、カフェで勉強したり本を読んだりできなかった。

喉の渇きを潤すという第一目的があって、

用を果たしたら用済みの場所という認識だった。

それが何故できるようになったかというと、

適度に空いているカフェを見つけたからだ。

もちろん混雑する時間帯はあるけれど、そういう時を避ければ

30分から1時間くらいなら過ごしても大丈夫だとわかってきた。

流石に勉強はできないけれど、軽い読書なら集中できていい。

個人経営の喫茶店では心苦しくてできないけれど、

チェーン店なので罪悪感が薄れているのかもしれない。

自宅以外にくつろげる場所があるというのは幸せなことだ。