発掘作業のような読書

 これも図書館で借りた本。

若い読者のための短編小説案内

若い読者のための短編小説案内

 

 このての本の良いところは、文学史に埋もれてしまった作品を発掘するところだ。

読書好きの人は放っておいても自分で発掘作業を行えるけれど、大抵の人はそこまでいかない。

だから、回顧展をするように、改めて光を当てる人が必要になってくる。

この本は、村上春樹という導き手が、発掘作業の過程と発掘品を紹介してくれる。

出会い損ねた作品と出会う機会を与えられるというのは素晴らしいことだ。

図書館とは本来その場を提供する大切な施設なのだと改めて思う。