読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捨てた一日

アラームをかけずに寝たので、目覚めたのは昼近く。

その後も最低限の家事だけ済ませて再び布団へ。

外出もせず本も読まず、ただただ惰眠を貪った。

その気になれば有意義な1日にもできるのだけれど

今日という貴重な1日を捨てることにした。