十五夜

薄も団子もないけれど窓からお月見。

月見酒といきたいところだが

お酒が飲めないので眺めるだけ。

こうして空を眺める余裕があるのはいいことだ。