読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌と憂鬱

芸能人の癌の話題が続いて少し気分が塞いでいる。

他人ごとなのにショックを受けて沈んでしまう。

正確には他人ごとと思えないから憂鬱になっている。

検診で引っ掛って精密検査に回された時のことを思い出した。

手術すれば助かると頭ではわかっていても死を意識させる。

癌の恐ろしいところは精神的なダメージの大きさだ。

手術自体もそうだけど、抗がん剤治療の辛さ

再発するのではないかという恐怖、

何から何まで憂鬱で仕方ない気分になる。

前向きに治療に当たっておられる方も大勢いるが

元来後ろ向きな自分には恐怖しかなかった。

生きていることは有難いのだと改めて思い知る。

自分や家族の死について考えなければならない

これほど辛いことはないと思う。