ラーメンと胃袋

近所で評判のラーメン屋さんに行ってみた。

味の方はまあ美味しかったとして

驚いたのはその量に胃袋が悲鳴を上げたことだ。

ラーメン単品くらい軽く食べられると思っていたのに、

自分の胃は自分で思っていたより小さくなっていたみたいだ。

残さず食べたのが奇跡のように思えた。

胃がラーメンを食べる胃ではなくなっているんだと感じた。

帰宅してからも苦しくて横になり続けるという有様。

逆らえない変化というものがあるんだなあと実感した1日。