70年目の8月15日

今日は終戦の日ということで正午に合わせて黙祷した。

黙祷しながら頭の中では自分は何に対して責任を感じているのだろうと考えていた。

何か黙祷をしないではすませられない圧力のようなものを感じて儀礼的にしている

そんな気がした。

70年も戦争がなく暮らしていられたのは、日本人の努力というよりは

たまたま運よく戦争しなくても済んできただけであって

これからは分からないといった考えも頭をよぎったりした。

 

ご先祖様が本当に帰ってきているのなら聞いてみたいことが沢山ある。