読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄慰霊の日

司令官が自決した日をもって組織的戦闘が終結したとみなすのは疑問が残るが、

今日は沖縄戦慰霊の日となっている。

戦後70年の今年だから大きく取り上げたのではないか。というのは自分にも当てはまる批判である。

8月15日には首を垂れるのに、6月23日は何事もないように過ごしてきた。

先日、NHKの「沖縄戦全記録」という番組を見たが、司令官が何故自決したのかについては触れられていなかった。

戦闘・指揮が不能なほどの負傷でもしていたのだろうか。番組では戦い続けるよう言い残して自決したとしていたが、それではあまりに無責任だ。

自分は自決しておいて残された兵士と住民には戦い続けろと言ったのは何故か。

沖縄戦全記録と銘打つにはあまりに内容の薄い番組だったように思う。

多分伝えるべきことを伝えようとしたら1時間では収まりきれないだろう。