懐かしさと驚嘆と

NHKのSONGS特番でMr.Childrenを見る。

ミスチルがメジャーデビューし、CDが爆発的に売れていた頃を知っているけど、

その彼らがいまだに現役で走り続けている姿というのは驚嘆を持って迎えられる。

90年代にたくさんのアーティストが登場し0年代に消えて行った。

それは音楽史を見ても当然の流れで、新しい存在が次々に現れ受け入れられていく。

そういうものだ。懐メロという世界に順々に送り込まれていくのが歌の宿命だと。

でも、一握りのアーティストは時代を超えて生きていく。

Mr.Childrenが今を生きようとしている姿は、その歌がかつての歌同様に自分の心を

動かすかは別として何か感じさせるものがあった。