読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過信

お昼に家人とお好み焼きを食べに行く。

そこまでは良かったのだが問題はその後。

いつもの時間になっても夕飯が全く入らない。

お好み焼き2枚とモダン焼き1枚という内容が

もう自分たちの胃にとっては許容量を超えているという事実を

食後になって突きつけられたのである。

胃薬の世話にこそならなかったが、

いつまでも自分の胃が若い時のままと同じと過信してはいけないと痛感した。