法要と心の整理(生存報告のようなもの)

すっかり落ち着いたと思っていた精神状態は

祖父の一周忌が近づくにつれて不安定になり

法要を機にかなり乱れてしまっていた。

祖父のことを夢に見て物思いに沈んだり

突発的に思い出しては泣いたりもしていた。

医者にも相談して夜は眠れるようにして

助言通り時が経って落ち着くのを待っていた。

今は外に目を向けて娯楽を楽しめるようになったが、

一時期は本当に死ぬことばかり考えていた。

 

両親と過ごすより長い時間を祖父母と過ごした自分にとって

祖父の死とは思っていた以上にショックが大きく

一年経っても簡単に心の整理がつかないものだと思い知った。

いや、整理がつかなかったのではなく、心なんて整理していても

ちょっとの刺激で容易に乱せるものだという方が正確か。

 

法要は死者の追善供養をするためでなく

死を意識し往生を願う機縁とであると僧侶は言ったが

「死を意識する」という点はまさにその通りだった。

親戚と集まって食事をする時間くらいに捉えられたら幸せだったのだが、

法要で自分の心は祖父の死という現実を再認識して乱れに乱れた。

 

この世には死があり避けられない別れがある

そのことを改めて突きつけるのが法要で

本来は仏教がその現実から救ってくれるはずなのだ。

だが、悲しいかな現代に生きる自分には

そこで仏に帰依して一心に念仏するというふうにはいかない。

厭世観だけがつのって救いがない。

それがこの数か月の苦しみの原因だったのだと思う。

 

往生という救いが救いにならない自分にとっては

仏教が説くのとはむしろ反対の方向に進み

この世への執着を強くするしかない。

この世は美しく価値があり生きるに値すると思うのだ。

そんな感じで、映画を見たり美術館に行ったり

娯楽に目を向けるようにしてみた。

虚しさに足をすくわれてはいけない。

自分はこの世でこそ生きるのだと思うしかない。

そんな感じで今を過ごしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月の終わりにかなわぬ夢を見る

病室に入るとベッドには祖父が横たわっていて、

自分が見舞いに来たことを喜んで会話するという、

現実に反した夢を見た。

 

それはかなわなかったこと。

祖父の意識は混濁していたし、

自分の呼びかけに反応したかも定かではない。

反応したと信じているだけだ。

最期に声を聞きたかったんだけど、

一言も発することなく祖父は逝った。

人工呼吸器を外した時の開いたままの口からは

何の音も聞こえなかった。

呼吸も止まっているのだから当たり前だ。

そこは黒くて深い闇に見えた。

 

 

空白の3月

ブログというものがあるということも

はてな」という世界があることも忘れ

この一年が自分にとって何だったのかを

PCのディスプレイではなく

祖父の遺影に向かって考えてみた

ソメイヨシノ開花宣言もうつろに聞いて

気付けば花も盛りを過ぎている

まっすぐ前を見据える祖父の遺影を前に

思わず自分は目を背けてしまった

かつて怒られたことなど一度もなかったけれど

今考えていることを咎められそうな気がしたから

4月が始まった

自分はまだ前に進めていない

 

鑑賞記録:ジョン・キャメロン・ミッチェル『パーティーで女の子に話しかけるには』

映画館を出る時に、なんかすごいものを観てしまった・・・・・・

という感覚になって今までうまく言葉にできなかったのだけれど、

時間も経ったので、なんとか鑑賞記録として残しておくことにする。

 

舞台は1977年のロンドン。パンクに夢中のエンはライヴの帰りに

どこからともなく聞こえてくる音楽にひかれて友人達とある家にたどり着く。

そこでは奇妙な姿をした人々が不思議な音楽とダンスを繰り広げていた。

応対したステラと名乗る女性の話から、アメリカ人達が開くパーティーと思った彼らは

女の子目当てに家に上がり込み、パーティーに加わる。

エンはそこで出会ったザンに惹かれるが、実は彼女は宇宙人で48時間後には

地球を離れなければいけないという。

あらすじにすればこんな感じか。

 

タイトルはボーイ・ミーツ・ガールものな感じで安心して観れそうだけど、

パンクとSFというエッセンス、というかスパイスがかなり効いているので、

卑猥な表現が苦手とか、ほのぼのと穏やかな感じを求める人には向かないと思う。

でも、見終えたら間違いなくボーイ・ミーツ・ガールだと感じる映画。

主人公がパンク好きの少年とあって、パンクロックやファッションも楽しめるが、

個人的には宇宙人たちの強烈さに目が行ってしまい、そちらの印象の方が強い。

(昔のSFものに出てくる宇宙人のような、チープで時代を感じる格好が

何かを思い出させるんだけど出てこない・・・・・・。)

皆で外に出る時はユニオンジャック柄のフード付きコートを着たりするなど、

宇宙人たちのファッションは地球の文化をそれなりに学習した上でのもののようで、

そのはずなんだけど違和感を感じさせるところが宇宙人らしさになっている。

 

全員が黄色い衣装に身を包み、individuality(個性の尊重)をモットーとする

PT(ペアレントティーチャー)がまとめる第4コロニーに属するザンだが、

彼らに許されたのは「観察」のみで、接触が許されていないことに

ザンは不満を持っている。

(エンたちを引き入れたステラのコロニーは限定的だが接触が許されている。

そのためエンの友人ヴィクと性的行為も行う。ちなみにテーマカラーはオレンジ)

自由を求める自分の姿勢を「パンク」と評したエンに、もっとパンクを教えてと

ザンはコロニーを飛び出し、エンとともに自由を満喫する。

エンとともにパーティーにいた友人は、ザン達はカルトなアメリカ人だと思っている。

ディスコーズというバンドをプロデュースするボディシーアは、

ザンの話から彼女をアメリカのパンクシンガーと思い込みザンをステージにあげる。

そこでザンは自分たちの種族の歴史を歌にする。

生きたまま食べてマミー!と叫ぶ彼女の過激な歌に観客たちも熱狂する。

実は旅の終わりにPTに食べられるのが彼女たちの決まりなのだという。

この決まりが物語の行方を左右する。 

 

PTが子供達を食べるのは第1コロニーのPT(種族全体のリーダー)が決めたこと。

この宇宙に自分達しか存在しないと思いあがり増えすぎた愚かな過去から、

コロニーの人口を抑制するために子供達を食べることにしたという。

(しかも最終的には全ての子供を食べて種族を終わらせるつもりでいる。)

この理由がなんとなく古臭い世界設定に思えてひっかかるのだけど、

まあ、自分たちは勝手に増えておいて子供を食べる(=子どもの未来を奪う)

ことで解決しようとしている身勝手な大人というわかりやすい構図にはなった。

 

コロニーを抜けて自由に行動するザンとその妊娠が引き金になり、

子供達を食べるという決まりについてPTの間でも賛否が揺れ始める。

ザンのPTは彼女の追放を阻むため、また子供を食べる習慣の廃止のため、

ザンが子供を産めば彼女も新たなPTとなり、

合議に加わる資格が生まれると主張する。

(つまり子供を食べる制度を廃止するか否かの決議にも参加できるようになる)

問題は、子供は地球で産むことはできないということ。

このまま子供を産まず地球に残ればエンといつまでも暮らせる。

地球を離れ子供を産めばPTになることができるし、

子供達はPTに食べられるという決まりを止めることもできる。

地球に残るか、コロニーに戻るか、ザンの選択に全てが委ねられる。

 

仲間を救える可能性が手に入るという時点で、

ザンがどちらを選ぶかはわかったようなものだ。

その選択の前にエンは無力だった。

奇しくもザンはindividualityを体現したのだ。

エンはエンのザンはザンの道を歩む。

 

これは余談。

ニコール・キッドマン演じるボディシーアは面白いキャラクターだった。

(彼女の存在感に比して活躍が中途半端でもったいない気がする。

主役じゃないから仕方がないんだけど。)

ボディシーアは母になること諦めた女性だ。

本人の言葉によれば12回も堕胎している。

(その犠牲を払ってすべてをかけたはずの仕事には報われないが。)

ザンを救いに宇宙人たちのもとに向かった時、

ステラの力(多分性的な感情を利用するもの)がボディシーアに通じないのは

彼女が女であることを捨ててしまったから。

でも、ボディシーアはバンドを育てるという形で次世代を育てているのだと思う。

そう考えると、ステラが子供を食べた後に虚しい気持ちになると

ボディシーアに吐露するのも面白い。

子供を産んでも食べてしまえば何も残らない。 

親と子の関係というのもこの映画のテーマの一つだと思う。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鑑賞記録『ショコラ』(Chocolat)の感想と関係のない話

夜一人になると気分が沈んでしまうので

映画でも観ようと適当に選んで観ることにした。

これをラブストーリーに分類するのは間違ってないかと

某レンタルショップの分類法には疑問を抱いている。

確かに主人公とジョニー・デップ演じる青年は恋仲になるけど、

おまけみたいなものだろうとしか思えない。

そんな分類のことはどうでもいいとして

つらつらとくだらない感想を書き留めることにする。

 

舞台はフランスのある村。

敬虔なキリスト教徒で人々の模範たらんとするレノ伯爵が村長を務めている。

四旬節の断食の期間に入った頃、ヴィアンヌとアヌークの親子がやってきて

中南米風の装飾を施したチョコレート店を開く。

子供がいるが結婚はしていないと話し、教会にも通わないというヴィアンヌを

好ましくない異端者とみなしたレノ伯爵は、村人に彼女とのかかわりを禁じる。

しかし、ヴィアンヌの明るく朗らかな性格と彼女の差し出すチョコレートの

不思議な力に村人は惹かれ始める。

 

簡単にまとめてしまうと、保守的な村で自分を抑えて生きていた人々が、

不思議な人物の登場で変化していき幸せになるというタイプの物語。

ただ、ヴィアンヌと対立するレノ伯爵も敵役ではあるが悪人というわけではなく

弱さを抱えた一人の人間として描かれていて救いのある話。

人目を気にし、かくあらねばならないという思いに縛られた人間が

解放され自由になっていく姿を描いている。

興味深いのは、その解放が主人公にも訪れること。

ヴィアンヌもまた自分に縛られた人間の一人なのだ。

 

人々の心をほぐし、人間関係を変えていく力を持つヴィアンヌだが、

彼女は決して魔法使いでもなんでもなく普通の人間。

それはルーと出会うことでより見えてくる。

娘を連れて各地を転々としてきたヴィアンヌと

船を住処とし定住しないルーは写し鏡のような存在。

ルーとの関わりの中でヴィアンヌの弱さも描かれる。

 

大家のアルマンドが旅から旅への生活を娘は嫌がらないかと尋ねた時

ヴィアンヌは娘は嫌がらないし良い経験になっていると答えていた。

しかし、実際はそうではない。

ボイコットの呼びかけを無視し流れ者ののルーとつきあうヴィアンヌを

レノ伯爵が教会の説教を利用して悪魔のような存在だと村人たちに諭した後、

村人たちは再びヴィアンヌを避けはじめ、アヌークもその影響を受ける。

ヴィアンヌは悪魔なのか?何故教会に行かないのか?何故他の母親と違うのか?

アヌークが心からこれまでの生活を楽しんでいたら出てはこない言葉だ。

ルーがアルマンドと同じ質問をした時、アヌークが本当は嫌がっていることを

ヴィアンヌは認めざるをえなかった。

追い打ちをかけるのが理解者アルマンドの死。

これまでヴィアンヌの店でチョコレートを楽しんでいたアルマンドだが、

実は重い糖尿病を患っていた。

孤立するヴィアンヌを村人と結びつけるために誕生パーティーを開いたアルマンド

翌日には治療院に入ると約束してのことだったが、朝を待たず亡くなってしまう。

ショックを受け責任も感じたヴィアンヌは村を出る決意をする。

そこで気になるのが荷造りするヴィアンヌが話しかけていた壺。

壺を見つめ「そうよ。なんとでもいってママ」と言うヴィアンヌ。

母と娘の問題を抱えているのはヴィアンヌもまた同じだった。

 

ある夜アヌークがヴィアンヌにせがんだ話に鍵がある。 

薬の調査研究のために中米に渡ったアヌークの祖父つまりヴィアンヌの父は

そこでチザという女性に出会う。

彼女は北風に乗って村々を回り古代の薬で人々を癒す一族の末裔。 

定住を拒む一族の人間だから花嫁には向かないという長老たちの忠告を無視し

彼はチザと結婚するが、ある日娘を連れてチザは姿を消してしまう。

この話が本当なら、ヴィアンヌも母とともに放浪の生活を送っていたことになる。

ここで疑問が湧いてくる。

村々を旅して生きる今までの生き方はヴィアンヌが心から望んだものだったのか?

ルーとの会話でも、「今度はうまくいきそう」だという言葉があり、

ヴィアンヌはそれなりに定住を望んでいることがわかる。

旅から旅の生き方は母チザの選んだ生き方。

ヴィアンヌも今のアヌークのように悩んでいたのかもしれない。

北風が再びヴィアンヌを旅に誘う時、ヴィアンヌは空に灰のようなものをまく。

恐らくこれは母親の遺灰。

まだ見ぬ友を求め、まだいる敵と戦うのはもうヴィアンヌの役目ではない。

ヴィアンヌは魔法使いでも聖者でもないただの人間なのだ。

彼女が村に留まる選択をした時、ヴィアンヌは母チザの生き方から解放される。

同時にアヌークは母ヴィアンヌの生き方から解放されたのだと思う。

映画の最後で、アヌークの空想の友達であるカンガルーが去っていく。

傷ついてどこにも行けないカンガルーという空想の友人は

アヌークにはもう必要ないのだ。 

ショコラ DTS特別版 [DVD]

ショコラ DTS特別版 [DVD]

 

以下、蛇足。

個人的に好きだったのは大家のアルマンド

(自由な生き方の母に反発した娘は厳格に育ち、悪影響だからと息子を

祖母であるアルマンドに合わせようとしなかった)

祖父母と孫という関係を描いているものには弱いせいかもしれないが。

誕生パーティーの時に孫のリュックが肖像画をプレゼントするシーンで

不覚にも涙してしまった。

いや、母親に会うのを禁じられていたわりに、祖母思いの良い孫じゃないか。

正直、主人公がどうなろうがアヌークがどうなろうがどうでもよくて、

アルマンドが亡くなったことがショックだった。

幸せになれよリュック。 

バックアップはこまめに

夜一人になると落ち込むので適当に映画を観て

その感想を書き上げて公開しようとした瞬間

その記事がすべて消えてしまったというのが

今我が身に起こった出来事です。

こまめに下書き保存をしていれば良かったのに

つい夢中になって書き続けていたので

復元しても復元されるのは真っ白な画面。

これ、日記代わりの脳内だだ漏れの

くだらない個人のブログの記事だから笑えますけど、

卒論とか、明日に発表を控えた原稿とか、

そういうのだったら笑えませんからね。

とにかくバックアップはこまめにしておけと

愚かな人間から今どこかにいるであろう

大事な記事を書いているのに

こまめに保存していない人に向かって

他山の石となるべく

こんなくだらない記事を書いています。

遺言レベルに大事な言葉として

バックアップはしっかりと書き記しておきます。

ちなみに命にバックアップはないので

万が一にも心血注いだ大事なものが消えたとしても

発作的な行動には出ないようにしましょう。

生きていれば書き直せますから。

眠れないと思いながら眠る

眠ろうと思って明かりを消して横になると胸が苦しくなり

目が冴えてしまい少しの間眠れなくなるというのが続いている。

そのまま眠れないのであれば医者に相談しようと思うけれど、

あくまで「少しの間」なので気にしないことにした。

夜だけなので寝る前の行動に何か問題があるのかもしれない。

 

このまま眠れないんじゃないかという恐怖感に似たものがあって

正直あまり気持ちのいいものではないけど、

不眠症の定義にも当てはまらないから

相談したところで眠れているなら問題ないとなるだろう。

息苦しくなってそのまま息が止まるならいいんだけど、

中途半端に眠れなくなってなんか苦しかったなあと毎晩毎朝思うのも

それはそれで面倒くさくはある。

 

そういえば昔読んだドラえもんの話で、

眠れなくて困っている夢を見ている男が出てくる話があった気がする。

(かけたら眠くなる砂をかける砂男の道具をもってしても眠らない男が

実は夢遊病だったというオチの話だったと思う。)

砂男の砂が本当にあったらいいのになと思ったけど、

E.T.A.ホフマンの『砂男』みたいなのが来たら困るな。

と、くだらない事を考えたところで寝ることにします。

おやすみなさい。